エステのシステム

エステサロンというと、どうしても料金が高めになるという印象はありませんか?

では、エステサロンの料金システムがどのようになっているのでしょうか?

多くのサロンでは、料金体系の違う制度があります。また、選ぶ会員によって付属する特典・使い方が異なってくるようです。

ビジター制

会員制とは違い、施術を受ける時にだけ、毎回利用料金の支払いをします。 会員の有効期限を気にしないでもよいので、自分の都合に合わせてサロンに行けるというメリットがあります。

ただし、会員よりもビジターの方が一回あたりの料金が高いことや割引などの会員特典がないところがほとんどです。



フリーパス制
電車の定期券と同じように、一定の期間内に何回でもエステを受けられます。
お得なイメージがありますが、常に予約がいっぱいで、予約がとりにくい場合もあるので注意しましょう。


チケット制

電車やバスの回数券などと同じように、エステの施術のチケットを10枚綴りなどまとめて購入して、エステを受けます。

施術料金が割安になりますが、有効期限があるところが多いので、期限内に使い切らないと無駄になってしまいますので気をつけましょう。



会員制
入会金を払って会員になり、会員価格でエステを受けます。

会員は優先的に予約ができたり、化粧品の割引もあったりする場合が多いです。
しかし、月謝や年会費がかかるところが多いので、チェックしておきましょう。